持ち手修理の姿勢


バッグとは中にいろいろなモノを収めるための便利な道具です。持ち手が壊れてしまったとしても、中にモノを入れる機能が壊れたという訳ではありません。しかし持ち手が壊れてしまうことで、移動させることが出来なくなってしまうことになります。持ち手はバッグを比較すれば小さな部分なのかもしれませんが、このように大きな機能を持ち、持ち手が故障してしまったらバッグとして機能をなさないことになってしまうのです。

そのとき持ち手修理をなんとか自分で頑張ってしようという人たちもいるかもしれません。しかし、持ち手は中に入っているモノの重さを支える大事な部分なのです。自身で安易な修理をすることで通勤中にバッグが持ち手から切れてしまうことがあるかもしれません。そのとき中に入っている大事なモノが下に落ちて壊れてしまうかもしれません。

なぜその時持ち手修理をプロフェッショナルに任せようという意識を持つことが出来ないのでしょうか。バッグも修理することによって今まで以上の長い期間再びもたせることが出来ます。

あなたの持っているバッグは、あなたにとって一番思い出の品物なのではないでしょうか。高いお金を出して買ったブランドのバッグではないでしょうか。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.