バッグ修理の気持ち


バッグ修理するという意識はほとんどの方々がお持ちなのでしょうか。実際にまだまだそうとも言えないかもしれません。服ならクリーニングする意識を多くの方々が持っているでしょうけど、バッグにはクリーニングという意識を持たない人たちも未だ多いです。かといってバッグを乱暴に扱っている訳ではなくて、大切にして長持ちして欲しいと願っていたりするものではないでしょうかバッグはもちろん使用すれば壊れるリスクがあります。かといって、壊れるから使用せずそのまま保管しているというあり方は正しいでしょうか……。

みなさんにバッグを修理する気持ちをもっと持っていただくことが出来れば、もっとバッグとの楽しいライフを送ることが出来るようになるのではないでしょうか。ヴィトンやエルメス、シャネル、ボッテガなどバッグを無理して購入したという人たちもいるでしょう。もちろん、いつでもそのようなブランドバッグを大切にしようという姿勢は持っているはずです。高価なブランドだからこそ、もっと長くもたせることが出来る方法があるはずです。

そのような時自分も一度修理をしてもらおうかなという気持ちを持つことは出来ないでしょうか。「修理」というキーワードには、まだまだみなさんが想像している以上のメリットを期待出来るかもしれません。それは、修理してもらうという意識に目覚めることで、デザインやカラー、アイテムなど流行は一年一年変化するものですが、そのカラーやデザインを変更出来るかもしれません。そのときより大事にバッグを扱おうという気持ちも生まれるのではないでしょうか。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.