修理の手順


<im

バッグのことを愛しているのなら、バッグに出来ることはということを今一度考えてみてはいかがでしょうか。バッグ修理依頼をすれば、持ち手交換・修理をすることが出来、あなたのバッグは、今日から再び生き返ることが出来るのです。

依頼をすれば、傷んでいる持ち手を取り外す作業からスタートしてます。 どのように接合されているのかはバッグによって違っており、本体に傷をつけないように適切な方法で外す必要があり、やっぱり自身で修理は不可能と考えてください。

これを取り外し、補修という場合には出来るだけ近い材質の革を張り合わせて行きます。もちろんプロフェッショナルに任せることが出来れば、出来る限りもとの状態になるような丁寧な修理を行ってくれます。自身で修理する気持ちがあったとしても、利用できる革がなかなか用意が出来ないのではないでしょうか。もちろん業者にお願いして、なかなか見合う革を調達出来ないケースもあるかもしれませんが、そのようなプロは長い間の実績があり、多くの調達ノウハウも持っている人たちなのです。ただしそのような人たちだって特殊な材質を使っているため、補修困難という場合はない訳ではありません。

バッグは補修のあと、元通りになるように本体につけて、取っ手用のミシンで縫合すれば取替は完了します。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.